ニキビを治すための最短ルートはこちら!

男の大人ニキビの原因9選!スキンケアを正しく実践して吹き出物ができない肌にする方法

どうもこんにちは古川です!

今回は総合的な記事になります。そもそも男にニキビができる原因を追求して、ニキビ、吹き出物ができない肌を追求していきましょう!

そもそもニキビと吹き出物の違いってなんなんだい?

同じものだよ(笑)

20歳までにできるニキビを「ニキビ」、20歳以降にできるニキビを「吹き出物」というだけなのよ。

特に違いはないのになぜか名前が違うのさ。

吹き出物の方がグロいイメージがあるよな。なんでそんなにグロく言うのか私にはわからないよ。。。

まあそれ言っても仕方ないからな。今回は男もニキビレスな肌を目指すための方法を調べていきます!

当ブログの公式LINEアカウントができました!

スキンケアについて、古川について、何でも良いのでご相談したいことや雑談したいことなどあれば何でもLINEください!個人的にお返事します!

友だち追加

今、ニキビあります?

今現在、ニキビありますか?

このページを見ているということはおそらくニキビができていることでしょう。この記事が日の目を見ることはあるのかどうか、甚だ不安ではありますが(笑)

基本的にこれまでに学んだことのリマインドとして情報を残しておきます。

古川は今でこそニキビレスな状況ですが、1年前の2019年に突如顔面にニキビが56個出来てしまい、この世の終わりを感じていました。好きな子もいたのですが、こんなグロメンを見せるわけにもいかず、なかなか話ができない日々が続きました。

その間に彼氏ができてしまうことだけは避けなければいけない・・・と思い、死ぬ思いで色々と試しましたが、結局このニキビ祭りが終了したのはだいたい半年後の2020年2月ころだったと思います。

結局その子に彼氏ができる前にニキビ祭りを終了させられたので、その後猛烈にアプローチすることが出来ました。(付き合ったとは言ってない)

このようにニキビのせいで人生がクソつまらなくなります。これは事実です。

人は見た目じゃない、なんてそんなのは嘘です。ニキビまみれならば人から「こいつやばww」という目で見られますし、そう見られていると知らずに劣等感でいっぱいになり、したいことができなくなります。

だからニキビができてしまうそもそもの原因を知り、そしてできるだけできない状態を作ることがこの記事のゴールです。長いですが、読んでいただければと思います。

そもそもニキビとは

尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)というれっきとした肌の病気です。

だからニキビを肌荒れとかいうジャンルでくくらないでください。病気なので市販の薬や化粧水などでは治すことが出来ないのです。市販のものはあくまで化粧品、または医薬部外品なので「治すこと」はできません。

「治すこと」ができるのは医師に処方された医薬品だけです。

なのでニキビが出来ている場合にはまず病院に行ってください。近所の皮膚科でもいいですが、ニキビを專門に見てくれる美容皮膚科もあります。古川は当時湘南美容外科にて内服薬(飲み薬)をもらい、それを飲んでいたら自然に治りました。

現在は同じく美容皮膚科のゴリラクリニックにて同じように内服薬をもらい、毎日欠かさずに飲んでいます。

だからまずは病院に行ってください。巷には「ニキビを消す魔法のような化粧水(笑)」が5000円程度でたくさん売ってますが、嘘です。全然効果なかったのです(笑)

先程も書いたように、市販のものは医薬品ではないので治すことは法律上出来ないはずです。だから無駄なお金を使う前に病院に行ったほうが早く治ります。

ゴリラクリニックではニキビに悩む男性專門のコースがあり、初診は無料で診断してくれます。その後内服薬をもらうもよし、古川のようにニキビ治療のレーザー施術を受けるものよし、様々なコースがあります。

内服薬だけでもだいぶ変わるのでマジで試してみてください。

ゴリラクリニックでニキビ治療’快’(レーザー治療)を受けた感想を報告する

これマジだよな。ネットで買えるやつは古川くんも私もだいたい試したけど、ほとんど効果なかったしな。

だからなくて当然なの。医師の処方のないものは医薬品ではないから「治すこと」はできないの。市販のものは化粧品と医薬部外品だから、効果があるわけないんだよ。

あれらは肌がキレイな人がもう少しだけキレイになるためのものだと思ったほうがいいよ。

マメ知識

それぞれ定義が決まっているので、以下の定義を超えた効能は基本的にはありません。

  • 化粧品・・・美化するもの
  • 医薬部外品・・・防ぐもの
  • 医薬品・・・治すもの

だからニキビを治せるのは医師に処方された医薬品のみ。早く美容皮膚科に行くことをおすすめします。

日本化粧品工業連合会より

大人ニキビの原因9選

基本的にニキビができる理由は年齢性別に関わらずに同じです。

ずばり肌の乾燥を元凶として起こる肌の病気なのです。尋常性ざ瘡だからね。

肌の乾燥

まず肌の乾燥が起こることで、皮脂を出して水分を与えようとしてくれます。しかしこの皮脂が皮脂腺に詰まることがあり、その時にアクネ菌やブドウ球菌が集まり炎症が起こるのです。

これがニキビができるそもそもの理由です。

だから肌の乾燥が全ての元凶と言えるでしょう。基本的に男性は女性に比べて肌の水分量が少なく、一般的に女性の3分の1しかないと言われています。さらに皮脂の量は女性よりも多く、その数なんと女性の3倍と言われています。

だから男性は女性に比べて水分量が少なく、つまり乾燥しやすく皮脂量が多いのです。すなわちニキビができやすい人体のつくりをしているのです。だから美容クリニックの方々は口酸っぱく「保湿してください!」と言ってくるのです。

わかりましたね!男にこそ保湿は必要なのです!

マメ知識

男の肌は女性よりもニキビができやすい

  • 水分量は女性の3分の1
  • 皮脂量は女性の3倍

毛穴のつまり

先程も書いたようにニキビは皮脂が皮脂腺に詰まる事が原因で起こります。

そして皮脂は皮脂腺だけではなく毛穴を通して出てくるので、毛穴ケアができていない場合でもニキビができる場合があります。

この図を見てわかるように、皮脂腺は毛穴の内部にあるので毛穴の出口(毛孔といいます)が何かしらで詰まっていると、それでも皮脂が表皮に出られないのでニキビになることがあります。

古川の場合では除毛クリームを使った直後には腕にニキビができることがあります。おそらく除毛クリームが毛穴内部にまで入り込み、その後の洗浄が不十分だったのだと思います。

腕にクレンジングバームをつけて、しっかりとワシャワシャタオルで洗ったところ腕にニキビができることはなくなりましたけどね。

だから皮脂が表皮に出るための道が潰されているとそれだけでニキビができることがあるので、お風呂ルーティンを見直すことも重要です!

そしてここから先は皮脂量を増やしてしまう原因を書いていきます。

皮脂は肌表面の潤いをキープするために必要なものです。でもそれが多すぎるのは問題です。全てはバランスです、多すぎても少なすぎてもダメなんです。

正常な皮脂量に保つための方法を紹介します!

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA